« 【1】-6:「おまえは?」 | トップページ | 【2】-2:近すぎて気づかない »

【2】-1:試験2週目

 試験期間2週目の水曜。
 3時限目の試験が終わった後、柊は学生会館内にあるサークル部屋に向かった。
 部屋とは言っても、学内にサークル・同好会の類は非常に多いので、複数の団体で一室を共有する規則になっている。それでも部屋を使えればまだ良い方で、小規模サークルだと利用申請をしても通らないケースは珍しくないらしい。
 柊が入っているのは、活動名目はテニスだが、実質は何でもサークルである。つまり学生が寄り集まって、春は花見・夏は海や山などの季節イベント、一年を通しては飲み会やボーリング大会などを行うのが通常活動という所だ。時には本当にテニスもするというが、柊はまだ企画を聞いたことがない。
 今日は、11月にある大学祭で出す出店の詳細を詰めるために招集がかかっていた。2週目も半ばを過ぎると早ければ全科目終了している者もいるし、そこまでいかなくても大半の科目は終わっている時期である。
 サークルに割り当てられている部屋に入ると、誰もいなかった。試験が終わったら順次集まるという話だったが、どうやら柊が一番早かったらしい。共有団体は何かの研究会だったと思うが、今日は活動
していないようだ。
 並べてある長椅子に腰掛け、誰かが置きっぱなしにしていた漫画雑誌をパラパラとめくっていると、部屋のドアが開く音がした。
 振り向くと、同じサークルの同期である木下が入ってくるところだった。
 「あれ、羽村ひとりか?」
 「ああ、まだみたいだぞ。来た時電気ついてなかったし」
 「一番乗りか……つまり、俺たちが一番ヒマってこと?」
 「別にヒマじゃねーよ。まだ語学1個残ってるし」
 「俺も明日締切の経済学レポートあるんだって。何してんのかね、他の奴ら」
 しゃべりながら木下は長椅子に近づき、柊の隣に座った。そして、
 「なあ、ところでさ」
 と言っていったん口をつぐみ、ドアの方角に顔を向ける。どうやら部屋に近づく人物がいないか確認しているらしい。今のところ誰も入ってこなさそうだと思ったようで、再び話し始めた。
 「……文学部の沢辺奈央子、おまえの幼なじみだったよな」
 いつもよりも抑えた声音でそう聞く。
 「そうだけど。なんだよ、いきなり」
 「彼氏いるのか?」



 ←前ページ  目次に戻る  次ページ→


|

« 【1】-6:「おまえは?」 | トップページ | 【2】-2:近すぎて気づかない »

小説 -『ココロの距離』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【1】-6:「おまえは?」 | トップページ | 【2】-2:近すぎて気づかない »