« 『ココロの距離』- 目次 - | トップページ | 【1】-2:彼女の視線 »

【1】-1:9月半ば

 文学部棟から大学図書館へ向かう道で、沢辺奈央子(さわべなおこ)は足を止めた。後ろから呼び止められたからだ。
 声の主である友人、瀬尾彩乃(せおあやの)が追いつくのを待って、並んで再び歩き始める。
 9月半ば。
 奈央子たちが通う私立K大学は現在、前期試験のシーズンである。日程4日目の今日、奈央子は1科目だけあった試験を終えたところだった。
 彩乃とは同じ文学部・英文学科1年であるが、今日はお互い自由選択科目の試験だったため、今まで顔を合わせてはいなかった。試験後、奈央子が学部の掲示板を確認しに来たところを、同じ目的で来ていた彩乃が見つけ、声をかけたという次第である。
 「奈央子、この後試験あるの?」
 「ううん、今日はもう終わりだけど」
 「じゃあさ、学食でお昼食べてから、図書館一緒に行かない? 週明け提出のレポートがまだできてなくて」
 「あ、文学講読Ⅰ(*注1)の?」
 「そう……もしかして奈央子、もう終わっちゃったとか?」
 「まさか。ほとんどやってないよ。資料は休み前にあたったけど、あんまり読んでないし」
 「資料探すだけでも偉いって。あたしなんか休みに入った途端、レポート自体忘れてたもん」
 そう言って苦笑いする彩乃につられて、奈央子も少し笑った。
 「確かに、休み明けの試験とかレポート提出とかって、なんか気が抜けるよね」
 「そうだよねー。夏休みが早いのは有難いけど、その後がね……休み前に試験終わっちゃう方が結局は楽かなぁ。そういうトコ行けば良かったかな」
 「まあ、一長一短じゃない? どうせ試験はあるんだし」
 などと話しながら歩いていると、また奈央子は自分を呼ぶ声を耳にする。いくつかの講義棟と、学生食堂のある建物へそれぞれ通じる分かれ道のところに来ていた。声をかけてきた人物は、講義棟のひとつである2号館の方向から歩いてくる。
 早足で近づいてくるのは羽村柊(はむらしゅう)だった。
 反射的に微笑もうとした顔が、もう一人の人物に気づいて、一瞬引きつる。けれどすぐに、何とか不自然でない程度に笑顔をつくった。
 「おー奈央子、ちょうど良かった」
 「なに、柊?」
 「こないだ借りたドイツ語のノート返しとくな」
 「あぁ、これね」
 差し出されたノートを受け取りながら、柊の後ろにいる人物にちらりと目を向ける。——望月里佳(もちづきりか)。

          (*注1) ローマ数字の「1」



         目次に戻る  次ページ→


|

« 『ココロの距離』- 目次 - | トップページ | 【1】-2:彼女の視線 »

小説 -『ココロの距離』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ココロの距離』- 目次 - | トップページ | 【1】-2:彼女の視線 »