« 【2】-7:抱きしめたくて | トップページ | 【3】-2:「好きなんでしょう」 »

【3】-1:10月初め

 10月初め。
 前期試験後、1週間の試験休みが過ぎ、K大学は後期の履修科目選択期間に入った。
 選択とは言っても、語学などの基本教養科目、及び学部・学科ごとの専門科目は最初から決まっているので、純粋な意味で「選択」するのは自由選択科目のみとなる。
 つまり最低限取得すべき単位数のうち、4分の1ほどは、どの学部・学科の講義を選択しても良いという扱いになっている。資格を取るための科目に割く学生がいれば、単なる穴埋めとして単位取得が楽な(と噂される)講義を選ぶ学生も当然存在する。
 奈央子の場合、どうせ受けるなら興味を持てる科目がいいと考えるタイプだった。休み中に考えた結果、福祉学やコンピュータ系の科目などを選ぶ。
 その中に西洋史概説が入っていたのは特に意図的ではない。日本史学科の柊にとっては専門科目であり、ゆえに同じ講義を受けることになるのを多少は意識してはいたが……高校時代から世界史は好きな科目だったし、英文学を読む上で知識として役立つ時があるかも、と考えたのが主な理由である。
 その、選択期間の2日目。午後一番の3時限目、奈央子はドイツ語Bの講義を受けていた。
 必修の語学は英語を含めた2種で、それぞれテキストを訳するのが中心のA講義と、内容の自由度が高いB講義に分かれている。奈央子、及び柊が属するクラスを担当する講師は前期と同人物で、ヒアリングを重視した講義を行っていた。
 区切りの良いところで講師が終了を告げたのは、チャイムが鳴る5分前だった。数人が講師に質問しに行く中、他の学生はばらばらと教室の外へと向かう。
 奈央子もテキストや筆記具をカバンに入れ、席を立つ。今日の午後の講義は今のドイツ語と、5時限目の専門科目だから、4時限目が空いている。時間つぶしに大学生協内の書籍売場へ行こうか、と考えながら教室を出ると、すぐ前の通路に、壁にもたれる格好で女子学生が1人立っているのに気づいた。
 淡い黄色のカットソーと薄茶のロングスカートを着た彼女は、奈央子が中から出てくるのを認めて顔をこちらに向ける。ゆるくパーマのかかった髪が、肩の上でわずかに揺れた。
 (あ——)
 里佳だった。
 思わず足を止めた奈央子の顔を、黙ったままじっと見つめる。その沈黙が居心地悪く、思い切ってこちらから口を開いた。
 「……えっと、柊なら中にまだいるけど」



 ←前ページ  目次に戻る  次ページ→


|

« 【2】-7:抱きしめたくて | トップページ | 【3】-2:「好きなんでしょう」 »

小説 -『ココロの距離』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【2】-7:抱きしめたくて | トップページ | 【3】-2:「好きなんでしょう」 »