« 【4】-2:本気とは思えない | トップページ | 【4】-4:「代わりにされるのなんて」 »

【4】-3:同じ日の夜

 同じ日の夜7時過ぎ。柊は住宅地の中の女性専用マンション、つまり奈央子の住むマンションの前にいた。入り口前を行き来したり、花壇を囲うレンガに腰かけたりしながら。
 本当は部屋の前まで行きたかったが、オートロック式だし、無理に入り込めば目立つだろう。奈央子に余計な迷惑はかけたくなかった。
 ——昼間、学生食堂で思いがけず会った時。
 どうすべきかしばらく迷ったが……ともかく謝らなければならない。だから話しかけようと近づきかけた途端、奈央子は逃げ出した。当然の反応だとは思ったものの、やはりショックだった。
 とにかく、昨日のことを早く謝りたかった——自分の理由がどうであれ、奈央子を傷つけたのは確かなのだから。
 だから4時限目が終わってすぐ、5時限目のノートを同じ講義に出る知り合いに頼み、このマンションへと走ってきた。学内で見つけてもまた逃げられるだろうから、帰ってくるのを待つつもりだった。
 念のため、着いてすぐにエントランスのインターホンを鳴らしてみたが、応答はなかった。……居留守を使われる確率が今までで一番高い状況ではあるが、少なくとも今日はまだ帰ってないと(希望的観測もあるが)直感で思った。
 それから2時間強。とうに日は沈み、辺りは街灯の光と、マンションから洩れる明かりのみ。待ち続ける間に数人の女性が出入りし、それぞれに程度の差はあれど、怪訝な目つきで柊を見た。そのたび、気まずいという言葉では足りないぐらいの気分がしたが、目的を果たさずに帰るわけにはいかない。
 ……しかし、できれば通報されたりしないうちに帰ってきてほしい。などと考えていると。
 視線の先、街灯に照らされて、こちらに歩いて来る姿が見える。
 奈央子だった。
 幸い、まだ柊がいることには気づいていないようで、少し顔をうつむかせたまま、マンションに近づいてくる。
 互いの距離が5メートルほどになった時、柊は立ち上がり、数歩前へ踏み出した。その時ようやく、そこに人がいることに気づいたらしく、奈央子が顔を上げる。
 柊の姿を認めた途端、予想通り表情をこわばらせた。
 数秒の静止ののち、慌ててマンションに駆け込もうとするが、それも柊は予測していた。エントランスに続く階段の手前で、奈央子の前に回り込むことに成功する。進路をふさがれて、奈央子は再び足を止めた。
 こわばった表情のまま、視線をあらぬ方向へそらし、まばたきを速くする。どう対処したらいいのかわからず、困惑しているようだった。




 ←前ページ  目次に戻る  次ページ→

|

« 【4】-2:本気とは思えない | トップページ | 【4】-4:「代わりにされるのなんて」 »

小説 -『ココロの距離』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【4】-2:本気とは思えない | トップページ | 【4】-4:「代わりにされるのなんて」 »