« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008年8月10日 - 2008年8月16日

【3】-3:彼女の言う通り

 柊は、時々無神経すぎるぐらいに素直だ。その時も『それもそうか』と言って、翌日すぐ里佳にOKの返事をした(らしい)。それからの2年間、二人は特にケンカをすることもなく、見る限りではそれなりに仲良く付き合っている。
 「あなたが頼られるのはわからなくはないわ。羽村くんにとっては一番身近にいる『優等生』なんだものね。彼は不真面目ってわけじゃないけど、優等生というほどでもないし——でもね」
 そこで注文した飲み物が運ばれてきたので、会話はいったん途切れた。店員が再び離れていき、里佳が自分のアイスコーヒーを一口飲んでから、
 「講義のノートとかはまだいいの。それよりも嫌なのは他のこと……彼が私とのことをあなたに相談したり、あなたが彼の世話を焼いたりすることなの。知ってるわよ、たまに掃除したり、ごはん作ったりしてること。試験中も1回あったでしょう」
 その通りなので、奈央子は頷くしかない。
 ……それ以上に思い出されるのは、あの時、柊に半ば抱きつく格好になったことだ。偶然の結果には違いなかったが、翌日は少しばかり心穏やかではなかった。もっとも、柊の方は気にしていなかっただろうけど——離れるまでの間が変に長く感じたのも気のせい、こちらの考えすぎだ。奈央子自身が一瞬意識しすぎてしまったから、そう思っただけだ。
 「沢辺さんが彼のことを好きでなかったとしても、同じことをたぶん言ってる。……だって、あなたは美人だし、認めたくないけどよくできた人だもの。わかるでしょ? そういう人に、彼に近づいてほしくないって気持ち」
 まして、と里佳は勢い込んで続ける。
 「あなたは羽村くんが好きなんだもの。そういう、料理とか掃除とか、彼に頼まれたから仕方なく……なんて思ってたとしても、心の底では嬉しくてやってるんだってわかるもの。……すごく、嫌なのよそういうの」
 「——そうでしょうね」
 奈央子は認めざるを得なかった。何もかも里佳の言う通りだったから。
 今も変わらず、柊に頼られることは嬉しかった。その嬉しさに、幼なじみとしての特権意識が含まれていなかったとは言えない。
 大学入学後は、講義や課題に関することはともかく、それ以外の柊のプライベートには近づかないようにすべきだと思い、できる限りそうしてきた……してきたつもりだった。
 けれど、どうしてもと頼まれたりすると、断りきれなくて……結局、先日の夕食も含めて5・6回、月に1度ぐらいの割合で、柊の家で何らかの家事をやっていた。柊がそういう方面にはものぐさ気味であることも知った上で。



 ←前ページ  目次に戻る  次ページ→


| | コメント (0)

【3】-4:ずるいこと

 わかった上でやっていたのだから、責められても文句は言えない。里佳は柊の「彼女」なのだから。
 「自覚してるだろうから、これ以上は言わないでおくわ。今後、あなたが調子に乗って羽村くんに近づきすぎるのをやめてくれれば、それでいいのよ」
 それじゃ、と里佳はアイスコーヒーの代金を置いて、席を立つ。彼女が店を出ていってから、奈央子はようやく、注文したハーブティーに口をつける。……すっかり、冷めてしまっていた。
 『調子に乗って』。
 里佳が最後に言った言葉が、脳裏に焼き付いている。一番痛いところを突かれた気分だった。
 実際、その通りだからだ。
 幼なじみの立場と、柊の変わらない態度をいいことに、「世話を焼く」ことをやめていなかった——最低限でしか。里佳を尊重はするけれど、彼女がいないところでも完全にそうしていたわけでは、結果的にはなかった。
 いくら理由をつけてみても、結局、奈央子自身がそうしたいからしていたのだ。それを他人に、しかも一番言われたくない相手に指摘されるのが、こんなにショックなことだとは知らなかった。
 ……考えれば考えるほど、自分がずるい人間だと思えてくる。そもそも、この大学に入ったこと自体が、最大のずるいことではなかったのか。
 自分と彩乃しか知らないことだが、国立大学に落ちたのは不可抗力ではなかった。
 二次試験で、解答用紙を全て白紙で出したのだ。
 模試での偏差値は、余裕とは言えないまでも充分合格可能な数値で、センター試験の結果も決して悪くなかったから、何故落ちたのかと周囲には(特に両親や教師には)首を傾げられた。だが誰に聞かれても、「体調が悪くて満足に解けなかった」と言い逃れた。
 本当の理由は、K大に行く可能性を高くしたかったからだ。国立二次試験の半月前にK大の発表は済んでいて、奈央子も柊も合格が分かっていた。
 本命の国立に受かれば、学費が安くて自宅から通える範囲内のそちらを優先せざるを得なくなる。けれど不合格ならば、受験する私立の中で一番偏差値が高いのはK大だったから、ここを選んでも変には思われないだろう、と考えたのだ。
 唯一の心配は、実家から一番遠い点を指摘されないか、ということだったけど……そこは意外にも追求されなかった。それどころか両親は、毎日片道2時間は大変だろうからと、一人暮らしの許可まで出してくれた。
 安心はしたけれど、同時に申し訳なくも思った。奈央子の父は典型的な中小企業のサラリーマンで、私立大学の授業料を楽々払えるほどの高給取りとは言えなかったからだ。
 今でも感謝と申し訳なさは感じているけれど……柊と同じ大学に通えている嬉しさの方が大きくて、忘れてしまっている時も少なくない。



 ←前ページ  目次に戻る  次ページ→


| | コメント (0)

【3】-5:離れていかなければ

 (わたし、何してるんだろう)
 何のために、高校を公立でなく女子高に行ったのか——中学の間も「幼なじみ」でしかいられなかったことに嫌気がさして、柊から離れるためだった。
 そのつもりだったはずだ。それなのに、柊が里佳と付き合い始めてから、じわじわと、自分とは別の学校で自分の知らない生活をしていることが、気になって仕方なくなった。
 社会人になったらたぶん、嫌でも違う場所に生活基盤を持たなければならなくなる。その時に未練がないように、せめて最後の学生生活は同じところで過ごしたい——それだけのために、周囲の大半に嘘をついて、K大に入学した。高校に引き続きの私立で、両親には経済的負担をかけてまで。
 ……本当に、何をやっているのだろう。
 自分勝手な恋愛、それも完全な片想いなのに、いまだにあきらめずにいて。それだけならまだしも、相手から離れたい、いややっぱり一緒にいたいと決意を二転三転させて、挙げ句に周りをだましてまで。
 ハーブティーのカモミールの味が、ひどく苦く感じられた。

 その2日後。
 2時限目の西洋史概説が終わった大教室で、奈央子が持ち物をまとめていると、柊が近寄ってきた。
 思わず逃げたくなったがそういうわけにもいかない。と考えているうちに、柊は隣の空き椅子に座る。
 「なんだ、おまえもこの講義取るつもりなのか」
 「……うーん、まだ考え中だけど」
 「自由選択用だろ? だったら取っとけよ。あの教授はそんなに採点厳しくないし、同じ講義が増えたらおれも助かるし」
 「要するにそういう目的?」
 話しつつ、とりあえずは笑顔でいる。だが、我ながらなんだかぎこちない感じがしていた。
 柊がふと、やや心配そうな色を顔に浮かべた。
 「なあ、おまえ朝からちょっと元気なさげだぞ。秋風邪でもひいたか?」
 「なにそれ、秋風邪って」
 内心の動揺を押し隠し、わざとまぜ返す。
 昨日は語学のない曜日で、学内にいる間も柊には出くわさなかったので、正直助かった。
 一昨日から、講義中もバイトの間も、事あるごとに考えていた。特に、家に一人でいる時は。
 柊から離れていかなければならない。
 プライベートでは当然に、講義等に関することでも可能な限り……そうしなければ、いつまで経っても状況は変わらないし、里佳の不満も大きくなるばかりだろう。
 何より、気持ちを変えるための決心がつかない。



 ←前ページ  目次に戻る  次ページ→


| | コメント (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »