« 第3章・4 | トップページ | 第4章・1 »

第3章・5

 我が親ながら、これだけ遠慮せずに今の気持ちをアピールしているのは、いっそ見事だと言わざるを得ない。そんな母に気づいていないわけはなく、けれど気づかないふりで微笑み続けている茉莉ちゃんも、今さらながら凡人ではないなと思う。
 「ところでね、茉莉絵。いいお話があるんだけど」
 と、ご機嫌さをますます強めた母がどこからか取り出したのは、どう見てもお見合い写真だった。
 これまでも当然、それこそ茉莉ちゃんが学生の頃から、何度もそういう話は持ち込まれていた。でも茉莉ちゃん当人が応じたことは一度もなくて、だからここ1年ぐらいは話に出ることもなかったのだけど、ひそかに来ていたらしい。
 よほどさっきの話が気に入ったらしく、母は満面の笑みを浮かべている。前に見たのは茉莉ちゃんの入社日だ。……にしても、祐太先生と別れる、なんてことは一言も言っていないのに。
 「お母さん、別に、祐太くんとつきあわなくなるわけじゃないのよ」
 茉莉ちゃんの言葉にも「あら、そうだった?」と母はしらばくれる。そして早口で続けた。
 「いいじゃない、会うだけなら。ぜひにって仰ってくださってるから申し訳ないし、それにこの先、何があるかわからないでしょう?」
 聞きようによっては不吉なことを(母にとっては逆だろうけど)さらりと口にし、茉莉ちゃんに向かって写真を開いてみせる。わたしが見ても先生より見栄えがする人なのは確かだった。さらに省庁勤めの国家公務員とあっては、母が熱心に薦めるのも無理はない。
 しきりに求められる同意に父が相づちを打つ中、母の説明は機関銃のような勢いで続く。それが一段落するまで茉莉ちゃんは沈黙と微笑みを保ち、母が「どうかしら?」と尋ねると、間髪入れず答えた。
 「素晴らしい人ね。でも、やっぱりお断りしておいて。会った直後に断る方が、よっぽど失礼だもの」
 「茉莉絵、よく考えなさい。今がいい機会なんだから——」
 「お母さんが言いにくいのなら、私が直接、寛子(ひろこ)伯母さんに言うけど?」
 あくまでも母の言葉の毒に気づかないそぶりで、茉莉ちゃんは笑みを深くした。母も父も、この笑顔を見せられるとどんな時でも、口を半開きにして固まってしまう。今も同じで、そして、たぶんわたしもそうなっているんだろう。
 文字通り無敵の微笑みを浮かべたまま、茉莉ちゃんは食事を終えて席を立った。「伯母さんには電話しておくわね」とさりげない調子で言い残して。

|

« 第3章・4 | トップページ | 第4章・1 »

小説 -『まぶたの裏にある想い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第3章・4 | トップページ | 第4章・1 »