« 第4章・1 | トップページ | 第4章・3 »

第4章・2

 確かに、姉ならそう言うだろう。感情にまかせてものを言う人ではないのは充分わかっている。けれど……
 先生の気持ちを考えるなら、無理をおしてでも付いていくと言ってあげるべきではないのか。
 わたしなら、という反発心が起こるのはどうしようもなかった。先生にそう言われたら付いていく、わたしなら絶対に。
 代わりに言ってあげたいぐらいだったけど、わたしでは意味がない。それぐらい心得ている。
 だから、別のことを提案した。
 「じゃあ、わたしが説得してみよっか」
 「えっ」
 「……難しい、かも知れないけど。でも茉莉ちゃんだって祐太先生と気持ちは同じだと思う。うちの親が何言ったって、別れるとは言わないんだから」
 入ったばかりの会社を辞めるのは、確かに難しいことかも知れない。けれどそれはそれとして、できるなら付いていきたい気持ちは、絶対にあると思う——そうでなければおかしい。
 「だからね、大船に乗ったつもりで、とは言えないけど。でも茉莉ちゃん、わたしの頼みは結構聞いてくれるから、ちょっとは期待度、上げてもらってもいいかも」
 わたしが努めて明るく言う間、先生は「でも」とか「そんなの悪いよ」とか、小さな声で繰り返していた。けれど本心ではわたしの提案に望みをつなぎたいのだと、申し訳なさそうにこちらを見る目の色でわかった。
 無理かも知れない、と思っていても頼らずにはいられない。わたしも先生も、茉莉ちゃんの頑固さ、強情さはよく知っている。それでも、目の前にある先生の願いを退けることは、わたしには到底できなかった。

 その夜、茉莉ちゃんはずいぶん遅く、日付が変わる頃に帰ってきた。翌日は1限から講義だけど、起きて待っていた。
 出迎えたわたしを見て、茉莉ちゃんはかなり驚いた顔をした。これだけはっきりと表情に出すのはめずらしい。あるいは、わたしの顔を見た瞬間に何かを察したのかも、と考えた。
 たぶん、そうなんだろう。話を切り出した時にはもう、驚きの余韻はなかったから。

|

« 第4章・1 | トップページ | 第4章・3 »

小説 -『まぶたの裏にある想い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第4章・1 | トップページ | 第4章・3 »