« 第5章・1 | トップページ | 第5章・3 »

第5章・2

 「おかえり」
 その夜、帰ったら茉莉ちゃんに出迎えられて、驚いた。この春就職してからは一度もないことだったし、状況が状況だったから。
 「……あ、帰ってたんだ。もっと遅くなるんじゃなかったの」
 「まあちゃん、今何時だと思ってるの。十時よ?」
 「でも、もっと遅い時だってしょっちゅうあるじゃない」
 言いながら、家の近くまで送ってもらわなくてよかったと思った。もっとも、こうなる前ならともかく、それ以降はいつも駅で別れているけど。
 「デートだったの?」
 心臓が一度、跳ね上がった。でも顔には出さず、そ知らぬふりでいられたと思う。
 「どうして?」
 「だって最近、まあちゃん楽しそうだから」
 と言われて湧き上がってきたのは後ろめたさと、同じぐらいの割合で、意地の悪い嬉しさ。相反する感情は、今この場では後者の方が勝った。
 抑えられない笑みとともに「そうかな」と言う。
 「そうよ。それに、なんだか綺麗になったし」
 不意を突かれた気分で、ちょっと沈黙してしまった。
 「……茉莉ちゃんに言われても誉められてる気がしないなー」
 「何言ってるの。まあちゃんは充分可愛いわよ、子供の時からね」
 全く嘘の感じられない口調と、やわらかい笑み。その時になって急に、後ろめたさが心の中で優勢に転じた。茉莉ちゃんの顔を見ていられなくて、目をそらす。それに気づいて律儀に「どうしたの?」と聞いてくる、何の疑いも持っていない声。
 「なんでもない。明日1限からだから寝るね、おやすみ」
 「え、ちょっとまあちゃん」
 お風呂は、と追いかけてくる声に「早起きして入る」と振り向かないまま返し、2階へ駆け上がる。
 部屋のドアを閉めて、大きく息をついた。
 つい1時間前まで、わたしと先生が裏切っていたなんて、露ほども考えていない綺麗な顔——清らかすぎて、わたしが見ても愚かに思えるほどに。
 それでいて、見ているとその清らかさに、罪悪感をかきたてられずにはいられない。

|

« 第5章・1 | トップページ | 第5章・3 »

小説 -『まぶたの裏にある想い』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第5章・1 | トップページ | 第5章・3 »