« 今後の予定:10.4.29 | トップページ | 『桜、夕立ち、若葉の頃』(2) »

『桜、夕立ち、若葉の頃』(1)

 「あれ……沢辺さん?」
 誰もいないと思いながら入った教室に人の姿を見つけて、彩乃は驚く。
 委員会の後で、辞書を忘れたことに気づいて引き返してきた1年3組の教室。窓際の席でノートを広げていたのは、同じ班の沢辺奈央子だった。
 一瞬、彼女は居残り組だったっけと考えたけど、そんなはずはない。英語の小テストの補習は別の教室だし、第一、先生が発表した10点満点者の中に、彼女の名前はちゃんとあった。
 こちらが開けたドアの音で振り返った奈央子は、目を丸くした後、なぜか照れくさそうに笑う。
 「あ、瀬尾さん。どうしたの?」
 「忘れ物があったから。沢辺さんはなんで?」
 「うん、ちょっと……人待ちなんだけど」
 と彼女が言いよどんだ時、足音が廊下からこちらに向かってくる。彩乃が振り返ると同時に走り込んできたのは、これまた同じクラスの男子。
 「うあーやっと終わった、帰ろー」
 「その前に、瀬尾さんに謝ったらね」
 「え?」
 そこで初めて、入口と黒板の間に立っている彩乃に気づいたという顔をして、相手はこちらを見る。寸前で止まったからよかったものの、あのまま勢いよく駆け込んできていたら確実にぶつかっていただろう。実際、今の互いの距離は1メートルも空いていなかった。
 彩乃は女子の中でもやや小柄で、150センチに届かない程度。対して相手は頭1つ分以上背が高くて、思いきり見上げないと顔が見えない。その顔に浮かぶのは、どこまでもきょとんとした表情。
 「……えっと、瀬尾さんてあんた?」
 「同じクラスでしょうが、わたしと同じ班の」
 いつの間にか、沢辺奈央子が近くまで来ていた。すっかり帰り支度をすませた格好で、相手の隣に立ち、耳を引っ張る。いてて、と悲鳴を上げた男子の名前は確か羽村……下の名前は何だったか。
 「あのねえ柊、その物覚えの悪さもうちょっとなんとかしようと思わないの。2週間も経つのにクラスメイトの顔がわからないなんて失礼でしょ」
 「えーだってー苦手なんだよう、そういうの」
 「だから努力しなさいって言ってんの。だいたい、なんでわたしがいちいち、あんたの帰りを待ってなきゃなんないのよ。卒業まで続けるつもり?」
 「そんなつもりじゃないけど」
 「なら、いいかげん帰り道ぐらい覚えてよね。わたしだって暇なわけじゃないんだから——あ」

|

« 今後の予定:10.4.29 | トップページ | 『桜、夕立ち、若葉の頃』(2) »

小説 -『ココロの距離』番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今後の予定:10.4.29 | トップページ | 『桜、夕立ち、若葉の頃』(2) »