« 『桜、夕立ち、若葉の頃』(4) | トップページ | 『桜、夕立ち、若葉の頃』(6) »

『桜、夕立ち、若葉の頃』(5)

 4月終わりの朝、予鈴が鳴るまでにはまだ余裕のある時間。
 「おはよう、瀬尾さん。昨日借りた本返しとくね」
 「え、もう読んだんだ、早いなぁ。どうだった?」
 「おもしろかったよ。でも映画とはだいぶ違ってるんだね。特に途中の」
 と奈央子が言いかけたところで、横から割り込んでくる背の高い影。
 「なおこー、ちょっとここ教えてくんない?」
 「数学? ……ってあんた、ここ今日当たるって言われてたとこじゃないの。なんでやってないのよ」
 「忘れてたんだよ、バスケ部毎日遅いしさあ、思い出したの昨日寝る前だし」
 「じゃあくーちゃんに聞けばよかったじゃない」
 「冗談、姉貴に聞いたらなんて言われるか想像つくじゃん。自分の責任だっつって教えてくんねーよ」
 「……まあ、ね」
 その光景を思い出すように首を傾げ、頬に手を当てて奈央子はうなずく。柊の姉の名前が公美で、子供の頃から妹みたいに可愛がられている奈央子が彼女を「くーちゃん」と呼んでいるということは、すでに聞いていた。
 「だからおまえにしか聞けないんだよー、頼むよ」
 「しょうがないわね、どこがわかんないの。え、ここ? だったらこの公式を使えばすぐじゃない」
 「あ、そっか、その手があったか。サンキュ」
 あからさまに安心した表情になり、そして来た時と同じように柊は唐突に去っていく。
 「……その手も何も、前の授業で習ったばっかりだっての、もう」
 彼が自分の席に戻るのを見ながら奈央子がぼそりと言う。親しくなってからの半月、こんなやり取りをほぼ毎日目にしている。彼女たちと同じ小学校だったクラスメイトによれば、その頃から日常茶飯事だった光景らしい。柊は決して頭が悪くはないのだけど忘れっぽすぎて困る、というのは奈央子の弁である。
 確かに、授業で出たことをその時間中に確認したりするような質問では、柊はちゃんと正しく答えている。理解力がないわけではないのだ。
 「真面目にやろうと思えば、できるだろうにね」
 「そう思うけど、面倒くさがってやろうとしないんだよね……それでどれだけわたしが迷惑してるか、全然わかってないし」
 はあ、と顔をしかめてため息をつくけれど、実は表情や言葉ほどに奈央子は迷惑がっていないんじゃないか、と彩乃は思っていた。それはもう、彼女と友達になって数日のうちに。

|

« 『桜、夕立ち、若葉の頃』(4) | トップページ | 『桜、夕立ち、若葉の頃』(6) »

小説 -『ココロの距離』番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『桜、夕立ち、若葉の頃』(4) | トップページ | 『桜、夕立ち、若葉の頃』(6) »