« 「Like a shooting star」(2) | トップページ | 「かえりみち」(2) »

「かえりみち」(1)

 両手に袋と荷物を抱えて、校門を出た。振り返ると、見慣れた中学校の校舎がいつもと変わらない様子でそこにある。5秒だけ見つめて、踵を返して歩き出す。
 左へ行くと、歩き慣れた道。角の交差点で信号を渡ると全校生徒行きつけのコンビニ。道を挟んだ向かいには牛丼のチェーン店。土日に部活で来た時には、食べている奴らが知り合いにもけっこういた。
 そうやって、ひとつひとつを眺めながら歩いている自分に気づいて苦笑する。感傷なんて似合わないのに。それとも、もう二度と歩くこともないだろうと思うと、誰でもこんなふうに少し違う気分になるのだろうか。2年間ほぼ毎日、歩き続けた道。
 生まれて14年と半年、暮らした町。明日、家族全員で別れを告げる。
 「今、帰り?」
 柄にもなく思いにふけりながら歩いているところに後ろから声をかけられて、少なからずぎょっとする。振り返って相手を確認し、息をついた。
 「……びっくりした、なんだよ」
 ごめんごめん、と笑いながら返すのは、小学校で何度か同じクラスになったことがある女子の一人。3年か4年までは家も近くて、同じ登校班で学校に通っていた。途中で彼女は校区内の別の町に越していったが、それ以前もその後も、自分に対して気さくに話しかけてくる。はっきり言えば珍しい相手だ。
 男子の間でさえ愛想がないとかとっつきにくいとか評されて、お世辞にも友人が多いとは言えないのだから、女子の評価がどうなのかは言うまでもない。
 だから彼女のような女子は文字通り稀で、自分が言うのもなんだが変わっていると思う。
 「荷物、すごいね。途中まで少し持とうか」
 「いや別に、見た目ほど重いわけじゃないし」
 「そう? 書道カバンとか靴入れとか、けっこう重そうだよ。こっち持つね」
 と半ば強引に彼女は、右手に持った荷物のいくつかを奪い取る。「やっぱ重量あるよ、わりと」と言う彼女を呆気に取られて見ているうちに、断りの言葉も、奪い返すタイミングも失ってしまった。
 「やっぱ男子だねえ、そんなに力あるようには見えないけど」
 「……そっちだって力弱くないだろ、横綱になったんだし」
 思い出して口にすると、彼女は赤くなって焦ったように首と手を振る。
 「いつの話よ、小学校の相撲大会なんてずいぶん前じゃない。そりゃあの頃は一番背も高かったし他の子より力もあったけど、今は全然」
 確かに今の彼女は自分より背は低いし、他の多くの女子と体型の差もなく見える。3年ぐらい前は上の学年の女子よりも長身で体格も良くて、男女混合の校内相撲大会で優勝してしまったほどだったが。
 「そんなの覚えてたんだ、やだなあ」
 本当に恥ずかしそうに彼女は目をそらし、顔を赤くし、そわそわしている。普段あまり、良い意味で女オンナしていない彼女がそんな反応を示すとは、正直意外だった。
 「そりゃまあ、インパクト強かったから。クラスで一番でかい男も倒したもんな」
 「もういいよ、言わないでってば」
 ぶんぶんと首を振る彼女がふいに動きを止め、口を押さえた。理由はわからないがなんだか辛そうに見えた。

|

« 「Like a shooting star」(2) | トップページ | 「かえりみち」(2) »

小説 -『恋愛風景』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Like a shooting star」(2) | トップページ | 「かえりみち」(2) »