2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 第116回2代目フリーワンライ企画/2020.6.6 | トップページ | Twitter300字SS/お題「橋」 »

2020年6月13日 (土)

第117回2代目フリーワンライ企画/2020.6.13

使用お題:一番の弱虫
タイトル『弱虫を卒業したら』

 1コ下の幼なじみは町で一番の弱虫だった。いつもガキ大将グループに泣かされる、情けない男子。そのたびに助けに駆けつけたのは私。オトコ女と呼ばれたり、夫婦と茶化されたりしたけど、かまわなかった。あいつを助けるのが私の使命、私だけの役目だと思っていたから。
 ……なのに、あれから約10年が経って。
 「鮎原くーん、こっち向いてよ」
 「やーん恭くん笑った、かわいいー」
 「一緒にカラオケ行こうよー」
 今じゃ、幼なじみは我が校のアイドル。中性的な童顔と長身のアンバランスが可愛い、そんな評判を獲得している。確かに、中3ぐらいからどんどん伸びた身長は、高校入学時から目立つ要素ではあったけれど。
 がらり、と生徒会室の扉が開いた。
 「失礼します」
 「あっ鮎原くんだ。ねえねえ、お菓子食べてかない?」
 「すいません、この後部活なんで。あ、多美ちゃん」
 副会長(3年生)の誘いをやんわりと断った後、恭太は私に声をかけてくる。
 「……なに?」
 「母さんが帰りに寄ってって言ってたよ。またおかず作るからって」
 「わかった」
 「じゃーね、行ってきます。失礼しました」
 「ちょっとちょっと、会計?」
 「なんですか」
 「あれ、打診してくれてる? 来年度の役員選挙に出ろって話」
 「いちおう言いましたけど。でも興味なさそ」
 「そこを興味持たせるのが役目でしょ。あれが生徒会入りしてくれれば求心力間違いなしなんだから」
 「──努力はします」
 胸倉つかむ勢いの副会長と一定の距離を保ちつつ、そう答えた。そうとしか言いようがない。あいつを、関心のないことに目を向けさせることがどれだけ難しいか、小さい頃から知る間柄だけによくわかっている。
 ……わかっている、はずだった。

 「いつもありがとうございます、おばさん」
 「いいのよ、隣同士じゃない。今日もお母さん遅いの?」
 「はい、夜勤なんで」
 「介護ヘルパーも大変ねえ。あ、恭太おかえりなさい」
 「ただいまあ。あ、今日は肉じゃが?」
 「そうよ。ほらほら、そんなとこ突っ立ってると多美子ちゃんが通れないでしょ」
 失礼します、とそそくさと鮎原家を出て、隣の森坂家、イコール自宅に戻る。
 玄関に入って扉を閉めた途端、ため息が出る。
 ……ずっとこうだ。恭太が、高校に入学してから。
 中学の途中までは私より背が低くて、頑固なくせに弱っちい、昔からの性格も変わらなかった。何かあるたびに私が助けて、私が守ってきたのだ。
 そういう関係性が、180度変わるなんて、考えなかった。

 今じゃ、私が助けなくても、守らなくても、恭太は平気なんだ。
 ……当たり前だ、あいつだって成長する。いつまでも弱っちい子供じゃない。
 それを認められない──「みんなの鮎原くん」になっていることを寂しく感じてしまう、私が今では、一番の弱虫に違いない。
 インターホンが鳴っているが、出る気になれなかった。放っていると、今度は寄りかかっている扉が直接叩かれる。「多美ちゃん多美ちゃん、生きてますか?」という言葉付きで。
 「…………生きてるわよ、なんなの」
 「おばちゃん遅いんでしょ。せっかくだからうちで食べてったらどうかなーって」
 「おばさんが言ったの?」
 「いや、俺がそう思ったの。なんか多美ちゃん元気なさげだから」
 「──あ、そう」
 とっさに出るのは愛想のない口調で、愛想のない言葉。感じた嬉しさを正直に表に出すことは、できなくて。
 「ほら行こ。メシが冷めないうちにさ」
 ごく自然に背中に触れて促す、大きな手。その感触が、湿った心をほんのりと乾かし、温めてくれる。その事実が照れくさくも、嬉しい──
 「ちょっと待って、タッパー冷蔵庫に入れてくるから」
 頬に上った熱に気づかれたくなくて、いったん家の中に逃げ込む。この感情が何なのか、素直に自覚できる頃には、私は弱虫から卒業できるだろうか?
 そうなりたい、と心から思いながら、幼なじみが待つ玄関へと戻っていく。


注釈:Twitter上の企画「2代目フリーワンライ企画」第117回への参加作品です。
毎週(でない時もある?)土曜日の夜10時に、運営アカウントから5つほど出されるお題の中から1つ以上選んで、10時半~11時半の1時間で書き上げるという企画。今回が4回目の参加。
私の原点、ともいうべき幼なじみ同士の恋愛ものです。まあこの物語だとまだ、恋愛未満ですが。さてこの二人はどうなるのかな?(笑)

« 第116回2代目フリーワンライ企画/2020.6.6 | トップページ | Twitter300字SS/お題「橋」 »

2代目フリーワンライ企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第116回2代目フリーワンライ企画/2020.6.6 | トップページ | Twitter300字SS/お題「橋」 »