2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Twitter300字SS/お題「橋」 | トップページ | 第122回2代目フリーワンライ企画/2020.7.18 »

2020年7月11日 (土)

第121回2代目フリーワンライ企画/2020.7.11

使用お題:今日の星占いで一位
タイトル『恋人たちの星占い - the horoscope of lovers -』

 若干まだ寝とぼけながら起きていくと、テレビを観ていた彼女が振り返った。
 「あ、おはよう。朝ごはんできてるよ」
 匂いで予想はしていたものの「おや」と思う。まだ6時前、あと30分は遅くとも充分に間に合うはずなのだが。そう考えたところで思い出した。
 「……あーそっか、今日から研修か」
 二人そろって新入社員となった4月以降、なんやかやと新人特有の予定が組み込まれていて忙しい。暦はすでに6月だが、彼女の会社では、入社1年目を対象とした営業所での研修が、今日からの1週間行われると聞いていたのだ。それをすっかり忘れていた。
 「うんそう。7時半集合だから、あと20分くらいで出なきゃいけなくて」
 「ゆうべ、悪かったな」
 と言うと、彼女は一拍置いた後、赤面する。昨日は日曜日。いつもなら会った後、彼女の部屋があるマンションまで送ってゆくのだが、……なんというか、自分が昨夜は妙に盛り上がってしまって、彼女を帰さなかった。結果、泊めてしまった上に、あまり寝させなかったような気がする。いや、記憶をたどる限り、間違いなくそうだろう。
 「…………いいよ、私も、断らなかったし」
 じんわりと流れた多少の気まずさを、テレビからの陽気なメロディが断ち切った。
 『では、今日の星占い!』
 なんとなく合わせている朝の情報番組で、正時の前に必ず出てくる星占いコーナー。二人同時に、ぱっと画面を見る。
 『今日の一位は、さそり座です。やること全部がうまくいく日。ただし油断は禁物ですよ』
 彼女と顔を見合わせて、くすっと笑った。全部が上手くいくのに油断が禁物とは、ちょっと矛盾してはいなかろうか。
 『ラッキーカラーは緑、相性がいいのは双子座の人!』
 ナレーションはそう言って、次の星座へと話題を移す。彼女に親指を立てて見せると、彼女も同じ仕草で返した。二人とも星座はさそり座、ついでに言えば同じ日が誕生日である。
 「なあ、こういうのってさ」
 「え?」
 「星占い。相性がいい星座、同じ星座って言われなくない?」
 「……あー、そういえば聞いたことないかも」
 「だろ」
 そういえばそうだよね、ともう一度つぶやき、彼女はうんうんとうなずいている。その、何気ない話題であっても真面目に受け止めて考える姿は、実に彼女らしい。そういえば11月19日生まれは「性格が真面目で素直」という文章を、どこか何かで見たような気もする。
 「ま、でも」
 言いながら、ローテーブルの前に座る彼女の、すぐ後ろに膝をついた。
 「当たる占いばっかじゃないもんな。同じ星座だって相性いい時はいいし」
 後ろから腕を回して抱き寄せると、彼女はまた一拍置いた後、今度は「えっ」と慌てた声を出す。
 「な、なに。どういう意味」
 「こういう意味」
 ちょっと振り返った彼女の顔を固定し、唇を近づけた。
 ──1.5秒ののち。
 「で、電車混むといけないから、早めに出る。行ってくるね」
 こちらを押しのける勢いで立ち上がり、バタバタと彼女は出勤準備を始めた。
 付き合って何年経っても、照れ屋が治らない彼女。からかいすぎただろうか、と少しだけ反省する。あくまでもほんの少しだが。
 「じゃあ、行ってきます。悪いけど片付けよろしくね」
 「オッケー、気をつけてな」
 うん、とうなずいた彼女が、荷物も服装も全部そろえているはずなのに、なぜか玄関で静止している。ちらちらとこちらを見ながら。
 「どうした?」
 実は忘れ物でもあるのか、と近づくと、腕を引かれた。予期せぬ力で体ごと、必然的に顔も彼女に近づいた時、ふわりとした感触を唇に感じる。
 「────」
 「──、行ってきますっ」
 顔を真っ赤にし、早口で言い置いて、彼女は今度こそ出かけていった。
 ……彼女が、自分からキスしてくるなんて珍しい。
 今日は全てがうまくいく日、という占いは、どうやら当たっているようだ。こみあげてくるニヤニヤ笑いが、しばらくはおさまりそうにない。


注釈:Twitter上の企画「2代目フリーワンライ企画」第121回への参加作品です。
毎週(でない時もある?)土曜日の夜10時に、運営アカウントから5つほど出されるお題の中から1つ以上選んで、10時半~11時半の1時間で書き上げるという企画。今回が5回目の参加。
拙作『anniversaire』シリーズの、主人公カップルを用いて書きました。ちゃんとした恋人同士になるには年月を要した二人ですが、なってからはおおむね、こんな感じでいちゃついている二人です(笑)

« Twitter300字SS/お題「橋」 | トップページ | 第122回2代目フリーワンライ企画/2020.7.18 »

2代目フリーワンライ企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Twitter300字SS/お題「橋」 | トップページ | 第122回2代目フリーワンライ企画/2020.7.18 »